実際に育休を取得した男性会社員が感じた男性が育休を取得するメリット・デメリット

サラリーマンが育休を取得するメリットとデメリット 育児休業

最近では、男性の育児休業取得義務化がニュースなどで話題になっていますね。

 私は企業に勤める所謂サラリーマンです。私は第1子出産時に2か月ほどの育休を取得しました。女性の育休に比べれば短いですが、非常に貴重な経験をすることができました。そこで、実際に育休を取得して感じた男性会社員が育休を取得するメリットとデメリットをまとめました。

育児休業を取得するメリット>
・子供の成長を身近で実感できる
・家事や育児に関する価値観が変わる
・復帰した後の仕事の効率アップに繋がる
<育児休業を取得するデメリット>
・収入が減る
・家事や育児が仕事以上にストレスとなる
・育休取得が会社でマイナスの評価になる可能性がある

<育児休業を取得するメリット>

・子供の成長を実感できる

 赤ちゃんが産まれてからの数か月は毎日目を見張る速さで成長していきます。仕事をしていると家を出る時はまだ寝ていて、帰ってくる頃には寝てしまっていますよね。どんどん成長していく我が子の姿をみるのは、親として非常に感慨深い気持ちになります。また、赤ちゃんの吸収力をみると自分ももっと色々なことを吸収していこう!という気持ちにもなります(笑)
 この子供の成長はこの時期にしか見れません。せっかくの貴重な機会をぜひ体験してください!

・家事や育児に関する価値観が変わる

 個人的には育児休業を取得する最大のメリットであると感じています。よく「専業主婦は楽でいいなー」という人がいます。そう感じている人ほどぜひ育休の取得をおススメします!一度、育休を取得すれば、そんなこと言えなくなります。
 残念ながら、「仕事」>「育児・家事」と感じる人はまだまだ多いです。1か月だけでも構いませんので、ぜひ実際に体感していください。仕事とは違った家事と育児の大変さを知ることができます。また、それらを経験することでこれまでの価値観が大きく変わります。
 この価値観の変化は仕事にも活きてきます。この項目に関してはこちらの記事で詳しく記載しました。ぜひ参考にしてください。

・復帰した後の仕事の効率アップ

 当然ながら、赤ちゃんはこちらの都合はお構いなしです。おなかが空けば泣き、うんちをすれば泣き、機嫌が悪い時も泣きます。その合間に家事をします。すべての家事を一人でこなすことは非常に大変です。そのため、夫婦で分担・協力しながら行うことになります。そうして育児・家事をこなしていると、突発業務への対応やチーム員と仕事を分担・協力していく能力が自然と身についてきます。

 育休復帰の際に、仕事をこなせるか不安になる方も多くいらっしゃると思いますが、育休での経験が仕事に活きますので、安心してください!

<育児休業を取得するデメリット>

・収入が減る

 なんといっても最大のデメリットは収入が減ることではないでしょうか。特に奥さんが専業主婦の場合は家計に与えるインパクトは非常に大きくなります。しかし、全くの無給ではなく、男性の育休においても育児給付金の支給や保険料の免除などの制度がありますので、安心してください。
(どうしても満額とはなりませんが、、、)
 この件は別の記事で詳しく説明しますので、そちらを参考にしてください。

・育児が仕事以上にストレスとなる

 メリットでも記載しましたが、育休を取得することで、家事・育児の大変さを感じることができます。逆に考えれば、働いた分だけ給料が発生し、かつ、話の通じる社会人と仕事をしているほうが楽に感じることもあります。実際、私の同僚で育休を取得した方は一刻も早く仕事に復帰したかったと言っていました。

・育休取得が会社でマイナスの評価になる可能性がある

 本来であれば、育休取得を理由に不当に評価を下げたり、配置転換をすることは不適席な対応です。幸い私はこういった扱いを受けていませんが、近年、ネット上ではそうした事例もみかけます(あくまでネット上の情報のため真偽はわかりません)。この問題は会社や上司による部分が非常に大きいと思いますので、育休取得を考えている方は事前に信頼できる上司・同僚や人事担当に相談しておきましょう。

まとめ  
 育休を取得できる機会は、人生で何度も訪れるわけではありません。個人的には得られた経験のほうが大きかったため、ぜひ取得することをおススメします!しかし、上記のようにデメリットもあるため、ご自身やご家族の状況などを夫婦でよく相談して決めていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました