赤ちゃんとお風呂 【お父さんと赤ちゃんの2人でお風呂に入る方法】

お父さんと赤ちゃんが二人でお風呂に入る方法 育児休業

 私が育児を初めて難しい!と思ったのは、実はお風呂です。親が2人とも家にいる場合には入浴担当と体拭き担当で分担すると非常に楽に対応することができます。しかし、これが親1人になると一気に難易度が上がります。それは、親が体を洗っているときに子供どうすべきか という問題が発生するためです。

「自分の体を洗っている時、子供はどうすれば?」と考えた方のために今回は私がトライした方法を紹介します!

<まず着替えや体を拭くタオルを準備>

 まずどういった方法でも事前に着替え、おむつ、ボディクリーム、タオルなど使うものは準備しておきましょう。この準備の有無によって驚くほど、その後の動きやすさが変わります。

 また、こうした準備をしておかないと、子供が濡れていたり、裸の時間が増えて風邪を引いてしまいます。

<入浴:まだ歩かない頃>

〇スイングラックに乗せた状態でお風呂前待機が一番安心!

 スイングラックなどを移動可能で子供を寝かして置ける家具を持っている家庭であれば、スイングラックに乗せた状態でお風呂前待機させるのが一番安心な方法です。すぐに入れられるよう服は脱がせておきましょう。そのままでは風邪をひいてしまうので、風邪をひかないようにタオルなどかけておきましょう。その状態で自分が先に体を洗い、その後、子供の体を洗って湯船に浸かります。一時でも目を離すことになりますので、スイングラックから落ちないように高さは一番低くして、転落防止の紐は必ず着けましょう!

 スイングラックがなければ、床にタオルをひいてはその上で寝かせておくという方法もあります。その場合、寝返りしないようタオルなど体に挟んでおきましょう。

〇いっそ別々で入るのもあり!

 歩いていないころであれば、そこまで長く時間入浴させる必要はありません。(むしろ長すぎる入浴は避けたほうが良いです)そのため、いっそ別々に入浴すると割り切るのも一手です。事前に子供の体洗いと入浴だけを済ませ、その後、寝かしつけるなど落ち着いたタイミングで自分1人だけで入浴するという方法です。

 スイングラックなどの方法と比べ、親の入浴中に目が完全に離れてしまうデメリットがありますが、睡眠リズムなどが整っているお子さんであれば、検討してみてください。よく眠る生後数ヶ月であればオススメです!

< 入浴:歩き始めた頃>

〇湯船に少しだけお湯を入れて、そこで遊ばせる

 我が家で最も使った方法です。

 前提として、安定してお座りができる必要があります。方法ですが、先に子供の体を洗い、その後、通常の半分ほどお湯を貯めた浴槽で子供を遊ばせておきます。その間に、親も体を洗います。半分ほどの量であれば、子供が座った状態でも顔が出るため、安心感が増します。自分の体を洗い終わったら、浴槽のお湯を追加で貯めながら自分も浴槽に入ります。

 この方法では、お湯の量を減らしてはいるものの、おぼれる可能性は0ではありません。自分が体を洗っている間も極力目を離さないようにしましょう。

〇浮き輪を使って湯船の中で遊ばせる

 最近では、お風呂で使える子供用の浮き輪が販売されています。これを使うと、上記のように水位を調整しなくても、子供を浴槽に入れておくことができます。こちらの方法も便利ですが、先ほどの方法と同様におぼれる可能性は0ではないため、極力目を離さないようにしましょう。

〇洗い場で遊ばせる

 浴槽に入れる場合は、どうしてもおぼれてしまうというリスクがあります。それを避けるのであれば、自分が体を洗っている間は洗い場で遊ばせるという対応になります。この場合、①シャンプーなどの泡が飛び、子供の目などに入る可能性がある、②子供が足を滑らせて転ぶ可能性がある の2点に注意が必要です。これらを防ぐためにシャンプーハットを利用したり、子供を足で挟んで勝手に動かないようにするなどの対応を行いましょう。

まとめ

 さて、今回は赤ちゃんと2人でのお風呂の入り方についてまとめました。一緒にお風呂に入るのも立派な育児です。特に育児の中では、お風呂はお父さん担当という家庭も多いのではないでしょうか?お風呂は子供とコミュニケーションをたくさんとれる貴重な時間です。子供と一緒に楽しくお風呂に入れる方法をみつけて子供といっぱいコミュニケーションをとりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました